index Artist Discography Link   CONTACT US
links
 
 
NEWS
RELEASE
profile
 
 
OFFICIAL SITE >>
 

★THE MOPEDS JAPAN TOUR Tシャツ販売中!! [03.01up]
 とてもナイスなデザインのTシャツ、しかも通販限定カラーあり!

>>Taisuke shop

★iTunes Music Storeにて配信開始!! [02.23up]
 THE MOPEDS「FORTISSIMO」がiTunes Music Store に新規追加されました!!

>>iTunesを起動する

★THE MOPEDS JAPAN TOUR "FORTISSIMO"

大盛況のうちに終了!ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました!!!

2/27(月)Shibuya O-nest(w/THE ARROWS,GALLOW)
3/1(水)大阪Shangri-La(w/ロボピッチャー , Base Ball Bear)
3/2(木)名古屋CLUB UP-SET(w/SPORTS, Stereo Fabrication of Youth)
3/4(土)下北沢CLUB Que(w/HONESTY,peridots)

 
"FORTISSIMO" / THE MOPEDS
¥1,890 (Tax incl.)
TACD-009
2005.09.21 Release
01. Extremely ordinary
02. Refused demo land  [HIGHLOW] /
03. If I told you so
04. Television time  [HIGHLOW] /
05. Unbelongings 
06. Gotta beware
07. Loverman 
08. What's on her mind
09. Steal a girl 
10. Monkey mercedes
11. Braggadocio
12. Phonogram sam

※Windowsをお使いの方でRealOnePlayerをインストールされていない方はPVをご覧になれません。
>>ダウンロード
 
90年代 初頭
ヤンスとペッテルのリンゴード兄弟は
マルメ近辺の地元バンドでホーンを演奏していた。

1994年
兄弟はそれぞれギターとドラムを始める。ペッテルがジャズスクールで出会ったデビッドが加入。すぐに8曲入りデモを収録。
1996年 春
ヴァイブラフォン・レーベルと契約!!ここからMOPEDSとして活動開始。
レーベルからスタジオを提供され、好きなように創作活動をする。
1997年1月
デビューEPの「Hande Hoch」がリリース。
収録曲の「Lizard」は大ヒットとなり、国営放送ではO.A回数1位という記録が何週間か続いた。シングル「Life’s too short to hurry」リリース/シングル「Kid is alright」リリース。
1998年
1stアルバム「The hills are alive with the sound of mopeds」リリース。
このアルバムは日本でもリリースされ、「Lizard」はJ-WAVEをはじめとする各ラジオ局でかかりまくる!!
1999 秋
シングル「She went boom」リリース。1998年〜2年間、
ヴァイブラフォンは諸事情により全てのリリースが白紙になっていたが、そんな状況の中で、ヴァイブラフォン・レーベルの最後にリリースになったのが、このシングルだった。そして、この年からパトリック・バートッシュがバンドに加入。
2000年
デンマークでの初リリース作品「Steppin’ on fire」を発売。
2001年
アルバム「the Land of the three」をリリース。シングル曲の「Dina tried her silverbow」のPVはデンマークの二人組 「Splid af tid」により作られたがそのあまりにも過激な内容(セックス、ドラッグ、アルコールとストロボのオンパレード)の為 MTVから却下され、放映されるまでに4回も編集された。修正後も放映は21時以降のみだったそうだ。
そしてこのリリース後の4年間、Mopedsは自身の作品リリースを停止し、その時間を新スタジオの設立と他アーチストのエンジニア/プロデュース活動に専念した。
2005年4月
11曲入りの強力アルバム「FORTISSIMO」をリリース。
曲はCrunchy Frogの最強タッグ、ジェスパー・レジナルドとザ・グレート・ナルナがプロデュースした。The Mopedsは現在5人編成でライブをし、バリトーンサックスのスヴェン・アンダーソンとソロギターのペッター・ホルムバーグは近々、バンドの正式メンバーとなる予定。


99年以来、Mopedsは友人2人(マルコ・マニエリとセバスチャン・ボルグ)と自らのスタジオ「GULA Studion」(www.gulastudion.com)を経営している。
当スタジオは「良い音を作る」という定評があり、Marit Bergman、The Cardigans、Junior Senior、theMo、
Franz Ferdinand、the Gospel、the Revs、Bazookahosen、Suede、Abossa Electrica、Miss Universum、De Stijl、ボニー・ピンクなどのアーティストがGULA studionを使用している。ヤンスとペッテルは有名なセッション・ミュージシャンであり、ホーン・アレンジャーでもある。
彼等のホーンセクショングループ「Hello Bobbadee Horns」はbob hund、The Cardigans、Eggstone、Tom Jones、Roxette、Ulf Lundell、St. Etienneなどのアーチストの作品に幅広く使われている。
最近はバンド「Damn!」と「timbuktu」などと共演している。
デビッドはMopedsの活動以外にもフリーなスタンスでジャズの演奏や創作などをしている。
さらに彼のバンド「LIM」と「AORTA」は要注目で、Plunge、Mattias Carlsson、 abossa electrica、 Miriam Aidaなどのジャズアーティストとセッションなどもしている。

Petter Lindgard(Drums&Vocal)
犬と本を持っている(バンドには必須)
好きなドリンク:グラッパトニック(トニックウォーター+ライム +グラッパ)

Jens Lindgard(Lead Vocal&Guitar)
The Mopedsのシェフと父(バンドには必須)
好きなドリンク:Trader Vic's coffee grog
         (バター+レモ ン皮+オレンジ皮+ラム酒+クリーム+熱いコーヒー)
David Carlsson(Bass&Tour Manager)
何でもちゃんとできるヤツ(バンドには必須)
好きなドリンク:ウィスキー(ストレート)